puzzle.2自分は、自分のままで。
難しいことは、シンプルに。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
広島、再考その2。 20:24
0

     

    昨日はちょっとふざけた内容を書いてしまったけど

    今回は、真面目な内容で。

     

    2回目の広島はボクにとって、とても印象深くよい思い出になりました。

    前回は、会うことが第一義であって、本当いっぱいいっぱいでした。

    今回は、「仲良くなる」ことができたらな。お互いにもっと知り合えたらいいな。って思っていました。

    そのためには、ボクの苦手な自己を開示することから始めないといけない。

     

    ボクは、こんな人間で、こんなものが好きで・・・・。

     

    どれだけ話せて、どれだけ自分のことを知ってくれたかはわからないけれど、ボクは勝手に満足しています。

    なぜなら、ぐみちゃんのお父さんとお母さんとぐみちゃんと4人で、出かけることができて、ご飯を食べることができたから。

    博物館に行って、

    ラーメンを食べて

    プチドライブができました。

     

    今振り返ると、とても不思議な時間で、笑ってしまいそうなんだけど。

     

    あとは、お義母さんがとてもよくしてくれたこと。

    布団の用意、洗濯物、ご飯、いろいろと面倒なことが多かったと思うけれど文句ひとつ言わずやってくれて、本当に感謝しかないし、それを見て何か返してあげたいな。と思ったのも事実です。

     

     

    あと、お姉さんの子どもと仲良くなれたのもうれしかったな。

    あだ名が、「妖怪」になったけれど(笑)。

    走り回って、笑って、抱っこして、普段ならできない経験がたくさんできて、貴重でした。

    自分の幅がほんの少し拡がったというか。

    子どもがいるってこんな生活か。って感じました。

     

    ボクは、誰かと家族になる。ってことをどこかであきらめていた人間だけど、ぐみちゃんに出会えて、ぐみちゃんの家族に会えて、

    本当によかったと思います。

    今すぐにでも、泣けるくらい、なんだかセンチメンタルです(笑)。

    朝起きたら、ここは広島なのか、東京なのか迷ったくらいですから。

     

    そして、ぐみちゃんと久しぶりにゆっくりできたのも幸せでした。

    地元をランニングしたり

    昔の話を聞いたり

    好きな人がどんな空気を吸ってどんな生活をしてきたのかを知って、また少しぐみちゃんに近づけた気がする。

    日常の断片の一つ一つが、いとおしくて、本当に本当に素敵な時間でした。

     

    また、近いうちに行きたいです。広島。

    | - | comments(0) | - | posted by たけお
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>