puzzle.2自分は、自分のままで。
難しいことは、シンプルに。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
今と昔と。 20:35
0
    ども、たけおです。

    インターハイ、やってますね。
    今年、関東でインターハイをやるって聞いたので、「観戦しに行こう」と思ったら、
    「一般の方は、事前申し込みです。6月20日までに」ってなっていて、撃沈しました。
    以前にも観戦したことがあったのですが、フラーッと行って観戦できた記憶だったので、残念でした。

    インターハイとか聞くと、ボクも高校生の時に目指していたなぁとか思ったりして、ちょっと懐かしくなります。
    もう10年以上前の話です。
    当時、ボクはバレーボールをしていて。
    中堅チームってとこかな?
    引退までは、ほとんど毎日バレーをしていたから、高校時代=バレーボールです。

    記憶ってどんどん上書きされていって、忘れていくばっかなのに、いくつかは鮮明だったりするじゃないですか?
    その中の一つが、高校時代の最後の試合で。
    相手のエースの選手がレフトからスパイクを打って、ブロックにひっかかったのか、それともボールにしっかり手がミートしたかよく分からないんだけど、コートの真ん中にボールが落ちて、ボクの現役生活は終わり。

    よく高校野球とかで、負けてグランドにバターンってなったりするじゃないですか?
    ボクもあんな感じでした。
    コートに膝からガクッと落ちる感じで、その後の記憶は全く抜け落ちているのだけど。

    あの時の映像を思い出すと、「なんで、あの時ボールに飛び込まなかったんだろう?」ばっかりです。
    どうして諦めたんだろう?
    滑り込んだら手は届いていたのかな?
    試合は点差を離されていたので、あのボールが上がってボクのチームに点が入っていたとしても、多分負けていたと思うんですが。

    なんか、あの瞬間は後悔なんです。

    結局、10年以上前の試合の時のボクと、今のボクがあんまり変わっていないからなんでしょうね。
    挑戦できないとか、殻をやぶれないとか。
    「もうちょっと」ができないとか。

    ホットケーキの素みたいなプロテインは、コーチが見ていない隙に友達に飲んでもらったし
    膝が痛いと言って、夏のランニングから逃げたし
    その他諸々、ボクは大事なとこで踏ん張れなかった。

    あの時「もうちょっと」が踏ん張れなかった当時のボクから見た今のボクはどううつるのか聞いてみたい。

    「ちょっとは、踏んばれるようになった?」って。
    「頑張ってる?あの時と比べて」とか。

    そして、今のボクは昔のボクに言いたい。

    「もうちょっと、頑張れよ。」
    そして、
    「もっと、勉強しろよ。」って。

     
    | - | comments(0) | - | posted by たけお
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>