puzzle.2自分は、自分のままで。
難しいことは、シンプルに。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
悩み、葛藤をしながら 22:42
0


    一時期、体調を崩していた時期がありました。
    体調というより、心のバランスと言った方がいいのかもしれません。
    心療内科に通いました。
    その先生がとってもいい方で、年配のおじいちゃんだったのですが、
    ある時、「君が根本的に引っかかっていることはなんだろう?」という話の流れになりました。

    性別の違和感を感じていること
    付き合う人が女性であること
    女性の感覚をもてないこと

    そんな話をしました。
    すると、「専門的な先生に診てもらった方がいいと思う。」と言ってくれて、大学病院に紹介状を書いてくれました。
    でも、その病院の予約は早くても半年後で、予約をとることもできず、紹介状は封筒に入ったままでした。
    先日、実家を片付けていてその封筒が出てきました。
    「もう用もないよな。」と思って封を開けました。

    「患者は、性別違和感を感じている。女性と付き合ったり、男性寄りの服装をする方が落ち着くようである。
     父親が女性らしい格好を望んでいるようで、うまくいっていない。
     父親に指導、助言をお願いしたい。」
    こんな内容が書いてありました。

    父親と当時どんな会話をしたのか覚えていません。
    もしかしたら、ボクが席を外して、両親と先生とで話をしたのかもしれません。
    その時、治療的な話になったのかもしれません。
    でも、先生はボクを変えることなく受容し、父親と関係が修復できるように働きかけようとしてくれました。

    性に関するカウンセリングを受けたこともあります。
    カミングアウトしてからのこと。
    母親がある提案をボクにしました。
    「性に関するカウンセリングをしている病院を見つけたから、行ってみない?」と言われました。

    そこにどんな意図があったのか、いまだによくわかりません。
    あまり知りたくないなぁとも思います。
    よく考えれば、自分を知って、もっと自分らしく生きていけるようにしよう。
    うがって考えれば、専門的な先生に診てもらえば、この子はもしかしたら変わるかもしれない。

    1か月に1回、約1年間通いました。
    苦痛とは思いませんでした。
    でも、通えば通うだけ、先生と話せば話すだけ分からないな、どうしたらいいのかな。という気持ちが大きくなりました。
    戸惑いがありました。

    ボクは、長女ということもあって相当大事に育てられました。
    厳格な家庭だったので、性的な役割もきっと強く言い聞かせられてきたのではと思います。
    また、両親にもきっと「女の子だから、こうあってほしい。」という期待もあって、自分自身小さい頃から強く感じてきました。
    そのため、ボク自身にも「こうふるまわないといけない。」といったモデルがあったと思います。

    ランドセルを買うなら赤
    ズボンかスカートならスカート
    髪は長く
    その他いろいろ・・・・。

    「こうありたい。」「こうしたい。」と願う自分と、「こうあらねばならない。」と抑圧する自分と。
    折り合いをつけて、バランスをとって生きることに必死だったのかなと思います。

    カウンセリングは、1回につき大体15分程度。
    自分自身について、周りについて。
    1対1で、先生と話します。

    「君がどこに着地するのか、君が決めた方がいい。」

    その言葉が一番印象に残っています。
    ホルモン注射をして、いろいろな部分を変えて、男性として生きていくのか
    今のような形で、生きていくのか
    ボクは、結局結論が出せませんでした。
    いや、結論としては後者なのですが、その結論がよかったと思う時もあるし、なんかなぁと思う時も正直あります。

    1対1のカウンセリングが主だったのですが、1度だけ母親が聞きたいことがあると言って一緒に部屋に入ったことがあります。
    「先生、うちの子はなんでこうなのですか?」
    親であれば、誰もが(なのかはわかりませんが)聞きたいことなのかな?と思います。

    心療内科に通い、カウンセリングを受けて
    友達に話を聞いてもらい
    自分なりに情報を集め、考え、悩み、葛藤して今の自分があります。
    悩んだり、葛藤したりするのは現在進行形です。
    こんな自分としっかり向き合うことが、紡ぐラジオで発する言葉の重みに繋がったり
    どこかの誰かを励ますことになるのかなと思っています。









     
    | - | comments(0) | - | posted by たけお
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>