puzzle.2自分は、自分のままで。
難しいことは、シンプルに。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
申し訳なさと、感謝と。 11:04
0

    たけおです。
    金木犀の香りがいい感じです。

    昨日、紡ぐメンバーに会いました。
    久々の全員集合!!
    みんな、それぞれに忙しくてなかなか全員というのがないのですが、昨日は久々に。
    みんなでラヂオをとることもできたし、仲間のハッピーな話も聞けたしで、いい1日でした。

    さて、これまで、お家の購入の話、ローンの話、パートナーの実家に行く等、
    ボクの人生はまさに幸せ絶頂!!といった感じの話ばかりのような気がしています。
    が、実はそうでもありません。

    ボクの父に、パートナーは会っていません。
    会えていません。
    以前、ボクが父に「会って欲しい。」といったのですが、それに対する反応は一切なかったのです。
    それから、数年たって、つい最近同じような話をしたのですが、またもや反応はなし。
    「あぁ、前回と同じかぁ。」と思って、母にこの話をしたのです。

    すると、こんな風に言われました。
    「私の気持ちと、そんなに違わないから。
     時間が人の心を考えさせるんだよ。
     貴方のことはすごく考えているんだから
     待ってあげて」

    ボクは、親だからって「理解している。」「応援してる。」「頑張れ。」って言わなくてもいいと思っていて
    「理解できないから無理。」っていう権利があると思っています。
    いくら家族とはいえ、理解できない部分ってあるはずだし
    それを捻じ曲げてまでどうこうしてほしいって訳じゃない。
    パートナーのカムがよい方向に進んで、「やったー。じゃ、父も分かってくれるかな。」と便乗して今回また
    父に「会ってくれないかな。」って提案した訳でもありません。

    みんな、どの人も確実に歳を重ねて、老いていきます。
    ボクも、パートナーも。
    両親も。
    会えるチャンスってそんなに何回もないと思っているのです。
    元気なうちじゃなきゃ、本音も語れない。
    せっかくなら、楽しい時間を互いに重ねたい。
    その時間は、無限ではなく、有限だと思うのです。

    紡ぐで、この話になった時、こんな風に言ってくれたのです。
    「手放しで、よかったね。応援してる。って恐いですよ。
     こうしてほしい。って本音があって、でも自分で決めたことなら。って言ってもらった方がいいですよ。」って。

    なんて書いていたら、父からメールがありました。
    前向きに会うことを考えるような文面でした。
    ホッともしたし、申し訳なくも感じます。
    やっぱり、これはボクの我儘だからね。
    でも、有難いとも思います。

     
    | - | comments(0) | - | posted by たけお
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>